原稿の作り方

基本的な注意事項

illustratorで入稿していただく際の、基本的な注意事項です。テキストデータのアウトライン化や画像の扱いなどについて説明いたします。

テキストデータのアウトライン

テキストは全てアウトラインを!

全てのフォントをアウトライン化してください。作成したパソコンと異なる環境で開くとアウトライン化されていないと、フォント(書体)が文字化けしてしまったり、字詰めの変更が起こってしまいます。

画像は埋め込みで

画像のリンク外れに注意!

画像は仕上り実寸サイズで、200~300dpiを解像度の目安としてください。

※レトロ印刷では、モニターの表示通りに印刷されますので、画像をEPS形式で配置した場合、低解像度のプレビュー画像のまま粗く印刷されてしまいます。ご注意下さい。

加工の指示

加工の指示はガイドラインで!

断裁・折り・角丸・穴あけ・ミシンの追加加工の指示は、メッセージ欄もしくはガイドラインにてご指示ください。アナログ原稿の場合は仕上り見本にてご指示お願い致します。パス・アウトライン・原稿に線を引くなどでご指示頂きますとそのまま印刷されてしまいますのでご注意ください。

見本を添付

見本データは画像ファイル(JPEG・PDFなど)で添付してください。

多色の場合は、混色など見本を参考に印刷の順番を調整いたします。アナログ原稿の場合も仕上がり見本をおつけください。

※色校正・文字校正としてではなく混色や濃度確認の参考にさせていただいてます。
印刷データの文字や画像が見本と異なる場合はそのまま印刷され、刷り直しの対象外になりますので、ご注意ください。

入稿前に圧縮する

データはすべてひとつにまとめて圧縮しましょう!

ファイル送信においてデータが破損するおそれがある為、必ずデータを圧縮してください。複数のデータを1つのフォルダにまとめて圧縮する事によって、ファイルの送り忘れ防止にもなります。圧縮の形式はsit、zipなどに対応しています。

複数注文する場合

ご注文はレトロ印刷の性質上の問題で、1注文につき、1回ずつご注文いただいております。(合計3種類ご注文いただく場合、3回入稿受付とデータの入稿をしていただいております。)そのため、複数ご注文いただく場合は、各ご注文ごとにファイルをまとめて圧縮してください。