製本データの作り方

製本の教科書
製本の教科書のダウンロード

色数の分だけデータが必要になります。

JAMのデータは1色1ファイルで作っていただくため、
色数が増えれば増えるだけファイルの数も増えていきます。

本文が両面2色の場合

本文1枚につき4ファイル。

オモテ分のデータ

ウラ分のデータ

版分けのイメージ

表紙データとまとめて1つのフォルダに。

仮に本文12ページ(3枚) / オモテ2色・ウラ2色だとすると、全部で12ファイル必要になります。
表紙のデータと合わせて13ファイルを1つのファイルにまとめご入稿ください。

※Photoshopの方も必ずテンプレートを使って下さい。大きなサイズを縮小した原稿の場合、モアレが発生する可能性があります。
(断ち落としの場合は四方に3ミリの塗り足しを作ってください)

原稿作りの基本はこちら