使ってみよう!「シルクスクリーン印刷機(呼び名:刷り台)」

ワークスペースにはお一人で来られ方も少なくありません。様々な目的でご来店いただいておりますが、お一人の方にオススメしたいのがこちら「シルクスクリーン印刷機」です。

こちらは「刷り台」とも呼んでおります。コレは一体なんなのかというと…一人でも安心!安定!簡単!に使える印刷機です!!主に版を固定する機械で安定されることにより刷るのがとーっても楽になります!このようにネジで固定するだけでセット完了です。

上にあげて素材をセット!

下げてインクを乗せて、

スキージーで刷りあげて、上にゆっくりあげると、、、

はい!完成~~~!!!!!

コレだけで刷ることができます。固定されていることで一人でも安心してどんどこ刷ることができます。位置が固定されることで刷り台にセットする素材の位置も決めてあげると全てが同位置に刷ることができます!なので、こんな感じにどんどこ大量に刷ることができます。

慣れてくるとプロになったような気持ちが、、、、笑時間を忘れることも要注意事項ですね。

ちなみに、刷り台なしの時はこんな感じです!片手で版を抑えて、片手で刷る、、、、

刷るのにめちゃめちゃ緊張しました))))幸いどれも比較的きれいに擦り上げることができましたが私的には固定されている分、刷り台の方が刷りやすかったです。失敗もこちらだとちょっと多めで同じ時間で刷ってみましたがこんなに変わりました。(※個人差があります。)

でもここで一つ疑問が、、、「大判でも使えるの?」

大版で刷る場合はもっと簡略的な「SURIMACCAホルダー」があります!!刷り台と役割は変わらないので、小さい大きさの版でも使用できます。

机にホルダーを固定して

版を固定して

とあまり相違はないです。ただ要注意なのが隙間がかなりできるのでホルダーと同じ厚みのものを引くように!!(ホルダーパネル(厚みが一緒の板)の販売もありますのでご相談ください)

このようにJAMお店では「コレができます!」「じゃあコレは?」「できます!!!!」と、お客様からのご要望やサポートしていく中で「こんなのがあれば刷りやすい!」という道具やアイディア品がJAMお店には揃っています!!

リングノートの表紙にしてみました!!私はこれに写真を貼っていこうと思います。ぜひ、お電話でのご相談でもお店へご来店で「とりあえずやってみよう!」でも構いません!そんな方にもオススメなものもございます笑

素敵な出会いをJAMお店にて、お待ちしています!!!

今回実験で使ったもの

SURIMACCAホルダー
商品を見る

SURIMACCAインク(TOKYO)
商品を見る


JAMLABとは、レトロ印刷とシルクスクリーンの可能性を探っていく実験室です。
JAMスタッフが日々行っている実験を記録しています。