シルクスクリーン、せっかくなら綺麗に刷りたい!
刷るときに気をつけたいことももちろんありますが、その前に…原稿を作る過程から要注意⚠️なことがあります!
それは、「画像解像度」

画像解像度は、画像の密度を表す数字のことで、画像のきめ細かさを表します。数値が高いほど綺麗に見えるデータということ。反対に、数値が低いと粗いデータになります。
画像データを刷るときは、画像解像度の数値によって仕上がりがかなり変わるということ。いったい、どれくらい変わってしまうのか実験したいと思います!


画像解像度の設定は、Photoshopだと「イメージ」から確認することができます。入稿するときは、原寸サイズで300dpiに設定しましょう!

画像解像度の数値ごとにイラストを比較してみると、こんな感じになります。

数値の低い左側のほうが、右側に比べてぼやっとした輪郭にみえますね。
50dpiのイラストを拡大してみると…

ガビガビだー!!!!!滑らかさのかけらもないです…。そして、真っ黒ではなくグレーがかっている箇所がありますね。

このグレーの箇所は綺麗に製版できません!
⚠️製版時に、網点(ドット)になってしまいます⚠️

では、実際に刷ってみます!まずは300dpiから。

はい、綺麗!ほとんどデータ通りに刷ることができました!
では続いて、100dpiだとどうでしょう。

輪郭がギザギザに…。データがグレーになっていた箇所、少しドットが出ていますね。特にテキストのフォントはすでにボロボロ…
最後!50dpiがこちらです↓

うわあ~!これはもはや違うデザインのようになってしまいました。ガビガビです。文字の部分は別のフォントのよう…。

拡大してみると、めちゃくちゃドットの主張が強いです…。

左 300dpi/右 50dpi で見比べるとこうなります。比較するとこんなに違う!

画像データを入稿するときは原寸サイズで300dpiに!
ちなみに、入稿はai/psd/pdf/jpgデータもしくは紙原稿でお願いします。
いちばん綺麗なのは、ai形式のパスデータですよ~

ご自宅で紙原稿をスキャンする!という方も、その際は高解像でお願いしますね!

画像解像度をマスターして、楽しくシルクスクリーンで遊びましょう◎


JAMLABとは、レトロ印刷とシルクスクリーンの可能性を探っていく実験室です。
JAMスタッフが日々行っている実験を記録しています。