トップ

お店について

ワークスペース

来店入稿について

商品の販売について

レンタルスペース

オンラインショップ

アクセス

/

/

/

/

/

/

/

シルクスクリーン/ワークスペース
刷れば刷るほど 上手くなる楽しさがある。

印刷までの工程が通常よりもかなり短縮できるのがレトロ印刷のシルクスクリーンの良い所です。ただ、始めるのは簡単でも上達するにはたくさん刷ることが大事です。道具の使い方・素材とインクとの相性・力加減など、刷ってはじめて気づくことがとても多いです。はじめは失敗することもたくさんありますが、あきらめずに刷ればきっと上手くなります。

みんなの作品はこちら

シルクスクリーンは孔版印刷の一種で、メッシュ状の版に孔(あな)を作り、孔の部分にだけインクを落として印刷するとてもシンプルな印刷方法です。一番身近なものだと、Tシャツ・生地などです。インクや素材を変えるだけで、いろんなものに印刷ができるのがシルクスクリーンのたのしい所です。

SURIMACCAとは、レトロ印刷JAMが開発したシルクスクリーンフレームです。ブロックのようにパーツをつなぎ合わせて、いろんなサイズのフレームに組み立てることができます。

ワークスペースで使えるのはもちろん、購入すれば家でも気軽にシルクスクリーンができます。

そもそもシルクスクリーンとは? SURIMACCAとは? SURIMACCAサイト
シルクスクリーンでできること
水性インク(スリマッカインク) まぜまぜインク 油性インク(プラスチゾル)

レトロ印刷JAMとターナー色彩さんの共同開発で作ったオリジナルインク。

インクは好きな色を選んでご購入いただきます。

スリマッカインクを混ぜてオリジナルの色を作れます。

濃い地にしっかり発色させたい場合は油性インクを使います。版を洗えないので、水性インクのように色を変えれず、版のお持ち帰りもできません。

■通常色:¥648、金銀銅:¥972

■¥648(金銀銅は混ぜれません。)

■¥10/g~(基本料金¥300)お店限定

金・銀・ホログラム箔 フロックシート ツヤプリパウダー

インクでは出せない光沢が出せる箔フィルム。

インクの代わりに、ホットバインダーというボンドで印刷し、アイロンでフィルムを圧着させます。

毛羽立った表現ができるおもしろいシート。

インクの代わりに、ホットバインダーというボンドで印刷し、アイロンでシートを圧着させます。

印刷して乾かないうちにツヤプリパウダーをかけて、エンボスヒーター(またはトースター)で熱をかけるとツヤツヤプリプリに!

■金銀:¥20/10cm

ホログラム箔:¥50/10cm(お店では最小50cmから10cm単位で購入可能)

ホットバインダー:¥500

■ハーフサイズ(380×240)¥324

フルサイズ(480×380)¥540

ホットバインダー:¥500

■ツヤプリパウダー¥540

エンボスヒーター:¥3,240

製版サイズと価格

※ 店頭でスキャンできるサイズがA3(297×420mm)サイズまでです。大判・超大判の紙原稿はお受けできません。

ご利用・作業の流れ
1.受付する 2.選ぶ 3.製版する 4.版を張る

ご来店いただいた際、受付でご予約のお名前をお伝えください。

製版サイズ・メッシュ数・インク・印刷する素材などをお選びいただきます。わからないことがあればご相談ください。

データもしくは紙原稿からシルクスクリーンの版をつくります。

当日ご来店いただいてから、その場で原稿を描いていただいても問題ありません。

版ができたら、スリマッカもしくはアルミフレームに張ります。

スタッフがレクチャーするので、はじめての方でもご安心ください。

5.刷る 6.乾かす・片付け 7.お会計

準備ができたら、刷りたいものに刷りたいだけ刷ります。作業中に素材を追加購入も可能です。

 

印刷したものをドライヤー・アイロンを使って乾かします。作業が終わったら、道具を元に戻す前に「お片付けチェック」をしますのでスタッフの指示に従い片付けます。

最後にお会計をして終了です。

coming soon
素材ラインナップ

Copyright© 2018 JAM co.,ltd. All Rights Reserved.