NEWS

TOP

SHOP

小耳にプラス

みんなの作品

11月22日(金) 池袋で開催決定!
小耳にプラスって?
レトロ印刷JAMの新プロジェクト「SURIMACCA+」。 地域に根差したお店やクリエイターさんと一緒に 日本全国のシルクスクリーン文化を盛り上げようというプロジェクト。 2018年1月の始動から2019年1月現在では14店舗がスリマッカを使える作業場として シルクスクリーンを身近にする場をオープンしています。 文章だけでは伝わりにくいSURIMACA+の活動や、 人・場所・町にスリマッカをプラスして生まれる可能性を 参加者のみなさんとお話をして 「ちょっといいことを聞いた」と思っていただくイベントです。
イベントの内容 SURIMACCA+のことを知ってもらうためのお話を中心としたイベントです。 レトロ印刷JAMのスタッフが開催するのでなんでもご相談ください。 ● レトロ印刷JAMの紹介 ● SURIMACCAでシルクスクリーンプチ体験 ● SURIMACCA+の仕組み ● 全国のSURIMACCA+のお店紹介 ● 歓談タイム
JAMのフライヤーセット/小耳にプラス オリジナルZINE
レトロ印刷JAMって? ▶レトロ印刷JAM ▶SURIMACCA
レトロ印刷JAMはクリエイターを応援する印刷会社として12年目を迎えます。 設立当初から社内の広告物以外は一切デザインの依頼は受けずに クリエーターさんのサポートに徹してきました。 「ずれる・かすれる・インクが落ちる」という印刷の弱みを強みと捉え、 もっとたくさんの方に印刷してもらえるように 「印刷と遊ぶ・印刷で遊ぶ」というスローガンを掲げワークショップなどを開催してきました。 大阪と東京にシルクスクリーンの作業ができるお店を営業しています。 そして、2016年には誰でも簡単にシルクスクリーンが楽しめるキット「SURIMACCA」を開発。 SURIMACCAは、初めてシルクスクリーンに挑戦する人も簡単に使うことができ、 より多くの人につくる楽しさを知っていただける商品となりました。 とはいえ、まだまだ「シルクスクリーン」のハードルは高いイメージです。 全国でもっとシルクスクリーン文化を盛り上げよう!とはじまったのが「SURIMACCA+」です。
SURIMACCA+って? ▶SURIMACCA+
「SURIMACCA」を使って全国でシルクスクリーンをもっと身近に、 もっと気軽に楽しんでもらおうというプロジェクトです。 具体的には、SURIMACCAの販売の権利や購入には高額の製版機を レンタルプランなど安価で取り扱ってもらえるという内容です。 レトロ印刷AMのもっているノウハウを伝えるのはもちろん、 今あるお店や地域のものにシルクスクリーンをプラスしてもらう形をとっています。 例えば、クリエイターさんが作品も作りながらシルクスクリーンができる場所にしたり、 町を盛り上げるために、自分のお店にオリジナル感をだす要素として等、 様々な使い方でお取り扱いしていただいてます。 今、営業されているお店はレトロ印刷だけでは作れない素敵なお店ばかりです。 その各お店で、ものづくりをすることによって新しいコミュニティが生まれていきます。 誰もが直接足を運ぶことができて、手に触れることができる距離感を作る。 そのために、全国に、もっとひとりひとりの身近なところに、 スリマッカプラスを作っていきたいと思っております。
日時・会場
池 袋
日 時 会 場 協 力 参加費
2019年11月22日(金)17:00

※所要時間 約90分

Nishiike Mart

〒171-0021 東京都豊島区西池袋4-19-14

無 料

※予約制になります。

アホウドリ シーナと一平

Copyright© 2018 JAM co.,ltd. All Rights Reserved.